大麻合法化のメリット・デメリット

 

大麻取締法に使用罪創設の話が上がっている日本ですが、現在世界各国では合法化が進んでおり、グリーンラッシュと呼ばれるほど大麻ビジネスは大きな盛り上がりを見せています。

そんな大麻がもし日本で合法化した場合どのようなメリットが見られるか考えてみました!

 

大麻合法化のメリット3選

 

経済への利益


大麻を合法化することで新しい産業が生まれます。産業が生まれることにより同時に雇用への需要も高まります。

また大麻産業からは高い税収も見込めるため公共サービスなどの資金源になり得ます。

 

 

健康と安全


 

合法化することにより大麻製品の品質が徹底されるため、危険な添加物を含む製品が出回ることが低減します。

また医療大麻の処方が可能になることで睡眠薬や抗不安薬を服用しながら苦しんでいる1人でも多くの人が健康的な生活を取り戻すことでしょう。

 

 

法執行機関のリソースの節約


 

大麻の違法取引に対する取り締まりは、法執行機関の貴重なリソースを占有します。

合法化により、これらのリソースはより重大な犯罪へと向けられる可能性があります。

 

 

大麻合法化のデメリット3選

 

健康リスク


 

大麻の過剰摂取は、思春期の脳の発達に影響を与え、精神健康問題を引き起こす可能性があります。

 

 

依存リスク


 

大麻は物理的な依存性はアルコールよりも低いとされていますが、心理的な依存性はあります。そのため、一部のユーザーは依存症を発症する可能性があります。

 

 

若年層へのアクセス


 

大麻の合法化は若年層が大麻を手に入れやすくする可能性があります。これは若者の脳の発達や学業成績に影響を与える可能性があります。

 

 

まとめ


 

メリット

  • 経済への利益
  • 健康と安全
  • 法執行機関のリソースの節約

デメリット

  • 健康へのリスク
  • 依存へのリスク
  • 若年層へのアクセス

喫煙場所の管理や大麻成分接種後の運転の禁止などアルコールやタバコ同様にしっかりとした法整備が必要ですね。

大麻合法化をすることにより税収が増え経済が潤い、使用者には健康面でのメリットもあるため

正しい法整備と管理の下扱えば利点は大きく得られるのではないでしょうか?

 

※このプラットフォームでは大麻に関する情報を提供していますが、大麻の使用や所持を助長するものではありません。日本では大麻の所持、使用、栽培は厳しく法律で禁止されています。大麻の非合法行為は決して行わないでください。

緑川 龍之介

2000年生まれ。元自動車整備士。
広島県出身で現在はカナダ在住。
趣味 車やバイクに乗る事
どのメーカーも好きなのですが
HONDAKAWASAKIによく乗っていました。

Most Popular